リスニング勉強法

英語の発音や発音記号が学べるおすすめ本・サイト・Youtube動画まとめ


投稿日:2019年1月24日 更新日:

正しい発音や発音記号を知ることは大切です。

特に、英語には日本語には無い発音があり、これらはきっちりとおさえておくことが重要です。

英語を学ぶ女性
発音記号かー。わたし、見たことあるかしら?
単語を調べた事があれば、目にしたことはあるはずです
よこちゃん

発音記号
発音記号とは、単語を調べると必ず出てくる上記の「hìpəpάṭəməs」のような記号の事です。

発音記号を知ると、これを見て発音できるようになります。

英語を学ぶ女性
私、当分話すことはないから発音は後回しで良いかなと思うんだけど
発音はリスニング力にも影響するので、基本的な部分は早めにおさえておくと良いですよ
よこちゃん

発音というとスピーキング面にしか関係しないと思われがちですが、実はリスニング面にも影響します。

なぜなら「自分が発音できる音は聞き取りやすくなる」からです。

これは、TOEICのリスニングセクション満点の私自身も経験済。

自分の使える発音記号は、聞き分けも容易になります。

基本的な発音を身につけておく事は、リスニング力の向上に大きく貢献します。

今回は、英語の発音や発音記号を学ぶのに使えるおすすめ本、サイト、Youtube動画をまとめました。

発音の勉強にご利用ください。

発音や発音記号を学ぶおすすめ本・書籍

書籍には豊富なテキスト解説もありますし、1冊の中に全てがわかりやすく収まっています。

体系的に学びたい時には、本はやはり便利ですね。

おすすめ本を3冊、紹介します。

UDA式30音練習帳

私も利用したおすすめ発音本。

子音23個、母音7個の合計30音に絞って学習できます。

本来、英語の音はもっとたくさんあるのですが、30音に絞っている理由は「実用で使う場合、この30音をきちんとマスターすれば十分だから」です。

実際に私もこれを使いましたが、30音で十分だと思いました。

ひとまずこれをしっかりやりこめば基本発音はOKだと思います。

もちろん音声CD付きです。

↑レビュー動画をあげている方がいました。

ちらっと中身が見れます。

子音23個、母音7個をしっかり学べば、基本発音はOKです。

ちなみに、お金がある人は下記の30音DVDも併用すると、映像で発音方法が分かるのでより理解が進みます。

私は、シャドーイングや音読などのトレーニングもよくしていました。

声を出す系のトレーニングをする場合、変な癖がつく前に発音をしっかりやるのは大切だと思っていたので、高かったですがこのDVDも利用しました。

ただ、だいぶ昔からあるDVDなので、現在は時を経て古臭い雰囲気にはなってます。

また、まとまっているという点でDVDは良いですが、今はYoutubeなどで時間をかけて探せば動画コンテンツも豊富にある時代。

なのでDVDに関しては、今は「お金に余裕がある人はどうぞ」くらいのおすすめ度です。

英語耳

私はUDA式をメインに発音を学びました。

なので、こちらの英語耳はメイン教材としては使用しませんでした。

なぜ紹介しているかと言うと、The 定番だからです。

Amazonでも売れ筋。

音声CD付きです。

一応、私も色々英語学習本には投資してきたので、保有してます。

コンテンツはしっかりしてます。

英語喉

上記で紹介した「UDA式30音練習帳」か「英語耳」のどちらかをやれば、発音の基本はOKです。

十分ネイティブに通じる英語の発音が学べます。

発音記号も読めるようになります。

発音学習が進んだ後「もう少しネイティブに発音を似せていきたい」と、ちょっと調子に乗ったことを考え出した時に知ったのが、この英語喉です。

この英語喉では、英語特有の喉への音の響かせ方を学べます。

コツをつかめれば、より英語らしい発音ができるようになります。

ちなみに、英語喉は全部で7ステップありますが、重要なのは最初の2セクションの「のど」と「こきゅう」です。

ここが英語喉のコアで、この2セクションでネイティブのような喉の響かせ方が理解できます。

他の記述に関しては、ちょっといきすぎたというか、理解できない点もあるので、無視で良いかと思います。

↑英語喉の著者の「上川 一秋」氏の動画。

というか、自分にとって英語喉でのポイントはここだけなので、実際の所は本とか買わず、この動画を見とけばOKかなと思います。

「喉で発音」「リラックスして発音」がおさえられれば、それで良いでしょう。

Amazonでお得に本や物を買う方法

Amazonでの買い物は、Amazonギフト券にチャージしてからがおすすめです。

現金でチャージするたび、「チャージ額 x 最大2.5%分のポイント」がもらえるのに加え、今なら初回チャージで1,000円分のポイントも貰えてとてもお得です。

あわせて読みたい
Amazonで本や物を安く買う方法【還元率20%超!5000円チャージで1000ポイント付与】

英語を学ぶ女性Amazonで本を買いたいんだけど、お得に買い物する方法はないかしら? Amazonギフト券チャージキャンペーンを利用すると、5,000円チャージで1,000円分のポイント貰えます。とて ...

発音や発音記号が学べるウェブサイト

「書籍にすらお金を出したくない!」「なんとしても無料で勉強するんだ」という人の為に、発音や発音記号を学べるおすすめのウェブサイトをまとめました。

音声や動画つきのサイトも多く、わかりやすく学べます。

英語発音入門

英語発音入門のキャプチャ
発音記号ごとに口元の拡大動画を見つつ音声を聞いて勉強することができるサイト。

動画と音声のコラボレーションでとてもわかりやすいです。

英語発音入門の目次
サイトの全体像はこんな感じ。

必要な子音と母音の発音記号が網羅されています。

発音初心者の方は、ひととおりこのサイトで勉強すると良いでしょう。

英語発音入門の製作者
神戸の甲南大学で英語を教える「伊庭 緑」氏によって製作されたようです。

優良なサイトをありがとうございます。

唯一残念なのは、動画や音声コンテンツがFlashで制作されている事。

iOSやAndroidからは通常Flashを再生できないので、そこだけは残念。

Flashを見る為のブラウザアプリを入れるか、PCから利用しましょう。

参考英語発音入門 公式サイトへ

発音記号3時間マスター

発音記号3時間マスターのキャプチャ
先ほどの「英語発音入門」は動画と音声メインで、テキストはあくまで簡単な説明程度です。

このサイトはその逆で、発音記号について詳しくテキストで解説しています。

番号順にサイトを読み込めば3時間で発音記号の読み方をマスターできる、というコンセプトのサイトです。

上記で紹介した「UDA式30音練習帳」や「英語耳」のような体系的にまとまっていて、テキスト説明も豊富な書籍を用意した方は読む必要は無いと思いますが「書籍を買わないでサイトだけでマスターするのだ!」という人は、一通り読んでおくと良いでしょう。

参考発音記号3時間マスター

Youtubeの英語発音動画で苦手部分を学ぶ

Youtubeを探すと、いろんな人が「英語発音の解説動画」をアップしています。

ただし、Youtubeという特性上、書籍や「英語発音入門」のように全体を網羅的に説明しているものは少ないです。

ただ「LとRの聞き分け」や「æとaとʌの違い」など、細かなところをピンポイントでわかりやすく説明する動画は多いので、苦手な発音記号やつまづいた部分を学ぶ時に使えます。

役立ちそうな動画をピックアップしましたので、参考にしてください。

LとRの発音動画

LとRの違いがわかる動画です。

「LとR」は学習者の中でも特に苦手を感じる人が多い部分ですので、当ブログでも別コンテンツで取り上げました。興味のある方は合わせてご覧ください。

あわせて読みたい
英語のLとRの発音の聞き分けを習得するコツと方法

英語の音の聞き取りの中で、難しいものの1つに「L」と「R」の発音があります。 例えば、「Right」も、「Light」も日本人にとってはどちらも「ライト」です。 2つの音の聞き分けに自信のない方も多い ...

TH【ð】【θ】の発音が分かる動画

TH(ðとθ)の発音方法がよく分かる動画です。

TRの発音が分かる動画

try、tree、travel、triangle、countryなどTRを含む単語の発音方法がよく分かる動画です。

VとBの発音が分かる動画

本題は1:10から。VとBの発音の違いがよく分かる動画です。

あわせて読みたい
英語のbとvの発音の聞き分けを習得するコツと方法

英語の発音の中で聞き分けの難しいものの1つに「b」と「v」があります。例えば「vest」と「best」。これらは日本語で表記するとどちらも「ベスト」ですが、英語では違う音です。 英語を学ぶ女性似てるけ ...

Girlの発音が分かる動画

英語系Youtuberとして有名なバイリンガールちかさんの動画。

girl【gə́ːrl】の発音です。本題は、1:50あたりから。

æとaとʌの違いが分かる発音動画

元大学教授(英語音声学)の小川直樹氏の動画。

見ればわかりますが「キャラが濃く、クセが強いです(笑)」。しかし、わかりやすいとは思います。

小川直樹のYoutubeの動画は、ほぼ英語発音のみです。もし上記のクセの強い
感じが気に入ったのであれば、他の動画も見てみると良いでしょう。

さいごに

今回の記事では「英語の発音や発音記号が学べる本」「ウェブサイト」「Youtube動画」を紹介しました。ここにあるもので学べば、発音の基礎は大丈夫です。参考になれば幸いです。

ちなみにですが、第二言語習得の観点から言うと臨界期を超えた大人がネイティブのような発音を習得するのは難しいと言われています。

ですので、通じる発音レベルまできたらさっさと諦め、発音に固執しすぎないことも重要だと思います。

個別の発音記号の次は、音声変化も学ぼう

発音記号は、主に単語単位での話でした。

しかし、英語は文章になると単語と単語が繋がったり、音が脱落したりと、発音が変化します。

あわせて読みたい
リスニング力アップの鍵!英語の音声変化の総まとめ【音源、イラスト付】

英語を学ぶ女性リスニング問題を解いた後にテキストを見返してるんだけど、テキストに書いてある英文と実際に聞こえる音が違う気がするわ 英語には音声変化があるので、その感覚は正しいです。よこちゃん 英語のリ ...

実際のスピーキングやリスニングで扱うのは、単語では無く文章です。文章になった時に、どのように音が変化するのかを知ることもとても大切です。

個別の発音を学習した次は、この「音声変化」も学んでおきましょう。

▼サイト・アプリも運営中

完全無料リスニング学習サイトアプリを作りました。ぜひご利用ください。

英語リスニング無料学習館

短文のディクテーション学習を「無料、オンライン、ログイン不要」で出来るリスニング特化型ウェブサービスです。

ディクトレ

上記サイトのアプリ版です。iOS、Androidがあります。

-リスニング勉強法

Copyright© 英語学習情報館 , 2019 All Rights Reserved.