英語学習Tips

I'm downの意味は?


投稿日:2019年2月25日 更新日:

先日、会社の人と話している時に「I'm down」という英語表現が話題になりました。

正直、自分はその時どういう意味か良くわからなかったのですが、アメリカ人の友人が良く使うそうで「相手の誘いに乗る時に使う英語表現」のようです。

よこちゃん
自分は正直、downだから、なんか調子悪いのかと最初思っちゃいました。

帰ってからもちょっと気になったので「I'm down」という英語表現の意味や使い方を詳しく調べてまとめてみました。

I'm downの意味をUrban dictionaryで調べる

口語、俗語っぽい感じがあるので、まずはUrban dictionaryで「I'm down」を調べてみました。

すると、下記の説明が出てきます。

Hahaha I'm down means...

I'm in, I'm game, I'm up for it, I'm excited about doing that, I'm willing, I'm into pursuing that idea, etc.

It can also mean I am cool with or understand a concept, or I am associated with a group of people.
"hey. I'm about to go skate in an abandoned mall! You in?"
"That sounds sweet. I'm totally down."
Or

"oh! Microbiology? Yeah, I'm down with that."

or

"I'm down with the Usual Suspects Band KY. They my crew, baby!"

Urban Dictionary: I'm downより引用

上記の説明をみるとやはり「誘いに乗り気である」「賛成」というような意味のようですね。

ちなみに、上記引用内にも出てきますが、下記は似たような英語表現になりそうです。

・be up for ~「~に参加する気だ、興味がある」
・be willing to do「進んで~する」

YoutubeでI'm downの意味を調べてみる

Urban Dictionaryは、普通の辞書に出てこないような俗語が盛りだくさんで、役に立つには立つのですが、正直信頼性はそこまで高くないです。

そこで、調べた意味が正しいかどうかの裏を取る為、Youtubeで「I'm down」の意味を説明してくれているネイティブスピーカーがいないか調べてみました。

すると、出てきたのがこちらの方。

downとupのユニークな使い方を紹介してくれています。

やはり「I'm down」は「誘いにのる」「すすんでやる気である」「賛成」という意味であるようです。

Here are a couple expressions that we us in English to express our willingness to do something.

Besides saying "yes," or "OK" people will often say, "I'm down," or "I'm up for it."

動画概要欄にも、上記の記載があります。

YesやOKの代わりに「I'm down」や「I'm up for it」と言うよという事なので、Urban dictionaryの言っている事は正しそうです。

こちらの動画は日本語で説明してくれており、分かりやすいです。

3:10からI'm downの説明が始まります。

カリフォルニアの若者が使う表現のようですね。

お次はサンディエゴに4年間住んでいたという、インディ鈴木さんの動画です。

「I'm down」はかなりカジュアルな表現で、こちらでもカリフォルニアの若者が使うという言及がありますね。

I'm downに関する記事を調べる

アメリカ・カリフォルニア出身のChester先生は
友達の誘いにのるときに
「I'm down.」 (賛成!)
と使います!

しかしイギリス出身のAmber先生は
誘いにのるときには「I'm down.」とは言わず
「I'm up for that !」と答えるそうです。

ちなみにニュージーランドに留学していたSanae先生は
イギリス英語と一緒で
誘いにのる時には
「I'm up for that !」と言うそうです。

「「I'm down.」アメリカではどういう意味?」札幌大通校のスクールブログ|英会話 AEON イーオンより引用。

英会話のイーオンの記事です。

出身地により「I'm down」を使う使わないがあるようですね。

Youtube動画の情報と、この記事の情報を読む限り、カリフォルニアの若者がよく使う表現みたいですね。

I'm downのまとめ

I'm downについて調べた事をまとめます。

  • I'm downは、相手のオファーや申し出に乗り気である、賛成であるという事を伝える表現
  • かなりカジュアルな表現
  • 似たような英語表現に「I'm up for it.」がある
  • カリフォルニアの若者が良く使う

正直自分の場合、この表現を知らない時に「I'm down.」とアメリカ出身者に言われたら「turn down(断る)」とかを想像してしまい、逆の意味をとりかねないなと思いました。

これからは、アメリカ出身の人と話している時に「I'm down」と言われても意味は理解できます。

一つまた勉強になりました。

▼サイト・アプリも運営中

完全無料リスニング学習サイトアプリを作りました。ぜひご利用ください。

英語リスニング無料学習館

短文のディクテーション学習を「無料、オンライン、ログイン不要」で出来るリスニング特化型ウェブサービスです。

ディクトレ

上記サイトのアプリ版です。iOS、Androidがあります。

-英語学習Tips

Copyright© 英語学習情報館 , 2019 All Rights Reserved.