英語 x 転職

【TOEIC・英語力を活かす】転職活動しようかなと思ったら登録したいサイト2選


投稿日:

グローバル化が進み、一定以上の英語力を持った人材の評価はますます高くなってきています。

良い転職をする為に、英語学習を頑張ったという方も多いのではないでしょうか?

英語を学ぶ女性
そうそう、将来転職を見据えて頑張っていたTOEIC。ついに目標スコアを達成したのよね
英語を学ぶ男性
僕も、転職は漠然と考えてるけど、どんな転職サイトが良いかかはよくわからないなー

今回は、上記のような人に向けて「転職サイトの基礎知識」と「まず登録したいサイト2選」を紹介したいと思います。

転職凱旋サイトにはどのようなものがあるのか?

  1. エージェント型
  2. サイト型

大きく分けると「エージェント型」と「転職サイト型」の2つのタイプがあります。

転職サイト型の特徴

転職サイト型は、掲載されている案件から自分でマッチしそうなものを選んで応募するサイトです。

転職活動の開始時期も自分で決められますし、とりあえずどんな求人があるか情報収集するだけ、というような使い方もできます。

気軽に始められます。

転職サイト型の特徴まとめ

  • 求人情報の閲覧だけでもOK。気軽に始められる
  • 転職活動期間も自分次第。自分の都合に合わせて転職活動が可能
  • 自分で転職活動するので、何社でも並行して受けることができる

転職エージェント型の特徴

転職エージェント型サイトは、登録すると担当がつき、色々と相談にのってもらうことができるタイプのサービスです。

履歴書や職務経歴書の添削もしてくれるので、初めて転職活動をするという人も安心です。

非公開求人がある

転職エージェント型の大きな特徴の1つに「非公開求人案件」があります。

非公開求人がある理由

代表的な理由としては「一般公開だと応募が殺到しすぎてコストがかかりすぎるから」「企業戦略上一般公開できない重要求人だから」などがあります。

特に日系企業の場合、海外事業部やグローバルな部署は将来の幹部候補となる可能性が高いですが、こういった人材は非公開求人であることが多いです。

こういった所に申し込みたい場合は、転職エージェント側を利用すると良いでしょう。

担当がつくため、転職活動期間に縛りがつく

エージェント型を利用すると担当がつくため、転職活動期間に縛りがあることが多いです。

エージェントも仕事ですので、採用という成果に繋げてお金を稼がないといけないですからね。

一般的に1-2ヶ月程度のことが多いです。

転職エージェント型の特徴まとめ

  • 担当がつき、転職のアドバイスをしてくれる
  • 転職活動期間に縛りがある場合が多い。一般的に1-2ヶ月程度
  • キャリアカウンセリング、アドバイスを受けたり、相談をすることが可能
  • 非公開求人の紹介がある
  • 職務経歴書や履歴書を添削してくれる

転職サイト型、転職エージェント型、どちらが良いか?

ここまで説明してきた通り、それぞれ特徴があるので、自分にあった方を選ぶと良いです。

転職サイト型がおすすめな人

  • 受けたい会社が具体的に決まっている(=自分で探せる)
  • 同業界に転職予定なので、ある程度知っている
  • マイペースに転職活動を進めたい
  • まずは、どんな案件があるのか見てみたい。自分だとどの程度の案件に申し込めそうか確認したい

上記のような人は、転職サイト型がおすすめです。

転職エージェント型がおすすめな人

  • 英語を使った案件で、自分が求められそうな企業がよくわからない
  • 今の自分の経歴や能力でどんな企業に応募できそうかわからない
  • 非公開求人を知りたい
  • TOEICスコアはあるけど、実務では使ったことがないけど大丈夫か不安
  • 職務経歴書や履歴書の書き方に自信がない。添削してほしい

上記のような人は、転職エージェント型がおすすめです。

担当エージェントの型が親身に相談に乗ってくれます。

【TOEIC・英語を活かす】転職活動しようかなと思ったら登録したいサイト2選

ここまでで、転職サイトやエージェントについての基礎知識を説明しました。

前置きが長くなりましたが、実際にこれから転職活動を進める時のおすすめ転職サイトと転職エージェントを紹介します。

世の中にはたくさん転職サイトがありますが、「まずここだけは押さえておきたい!」というところに絞って2つ紹介します。

おすすめ転職サイト

リクナビネクスト


リクルートが運営する転職サイトで、毎週2.6万人以上が新規登録している業界大手です。

案件数が極めて多いので、まずはこちらに登録することがおすすめです。

また、リクナビNEXTだけの限定求人が約85%というデータもあります。

この限定求人を見るために、もし他のサイトで転職活動をすでに始めているという人でも併用して登録しておくのがおすすめです。

利用料はもちろん無料

リクナビネクストは、企業側から収益を得ているので、転職者側の費用負担はゼロ。

完全無料で利用することができます。

スカウト登録をすることで、企業側から直接オファーが届く

職務経歴や希望条件を登録しておくだけで、企業側からのアプローチを受けることが可能です。

もしあなたがまだそこまで転職に気が向いていない場合でも、とりあえず登録だけしてどんなオファーがくるか確認するといった使い方も可能です。

よこちゃん
実は、私もリクナビネクストは使っていて、今はこの「オファー確認」という使い方がメイン。

自分の人材価値の確認の意味でも良いですよ。もちろん、良いオファーがあれば面談に進んでみても良いですしね。

少しでも転職活動に興味のある方は、とりあえず登録だけしておいて損はない転職サイトです。

無料登録リクナビNEXT

おすすめ転職エージェント

リクルートエージェント


リクルートの運営する転職エージェントサイトです。

エージェント型の代表サイトといえばここ!という超大手。

私も面談に行ったことがあります。

転職支援実績NO.1で、転職支援実績は累計41万1,000名以上

*2017年3月期時点

非公開求人数も業界最多で、一般公開している求人の他、10万件以上の非公開求人を取り扱っています。

実績豊富なキャリアアドバイザーが、職務経歴書や履歴書などの書類の添削もしてくれます。

転職エージェント型は、まずこのリクルートエージェントから始めるのが良いでしょう。

無料登録リクルートエージェント

さいごに

少しでも転職に興味ができたなら、早めに情報収集を始めるのは何も損がありません。

そこまで本腰を入れてやる気がないという人でも、まずはリクナビネクストくらいには登録して、求人情報を眺めておくと良いと思います。

また、転職活動をはじめてみるとわかりますが、英語力が一定以上あると、応募できる案件や間口が広がることがわかります。

グローバル化が進んでいるので、ローカルでやっている企業以外は必須のスキルとなってくるんでしょうね。

転職活動の成功を願っています。

無料登録リクナビNEXT

無料登録リクルートエージェント

▼サイト・アプリも運営中

完全無料リスニング学習サイトアプリを作りました。ぜひご利用ください。

英語リスニング無料学習館(ディクトレ ウェブ版)

短文のディクテーション学習を「無料、オンライン、ログイン不要」で出来るリスニング特化型ウェブサービスです。

ディクトレ(iOS、Android)

上記サイトのアプリ版です。iOS、Androidがあります。

-英語 x 転職

© 2020 ディクトレENGLISH