リスニング勉強法

英語リスニング上達の為に発音を勉強するべき理由

英語力の中でも重要なスキルの一つに「リスニング力」があります。英会話をする際にも、相手の言葉が聞き取れなければ意思疎通は難しいですよね。

私もネイティブの話が早すぎて、聞き取れてるふりして、すっとぼけていた事が多々あります。まあ、時にはそんなすっとぼける事ができるのが大事だったりするのですが、聞き取れる方が良いに決まってますよね。では、そんな大事なリスニング能力。伸ばすには、いったい何が必要なのでしょうか。

その鍵となる要素の1つに「発音の習得」があります。端的にいうと、発音を身につけるとリスニングが簡単になります。聞き取りやすくなります。



そこで今回は「なぜリスニング力や英語力の向上にリスニング上達のために重要なのか」「なぜ発音を身につけるとリスニング力が向上するのか」を説明してみたいと思います。

続きを読む

英語のLとRの発音の聞き分けが3ステップできるようになる方法

英語の音の聞き取りの中で、難しいものの1つに「L」と「R」の発音があります。例えば、「Right」も、「Light」も日本人にとってはどちらも「ライト」です。2つの音の聞き分けに自信がない方も多いのではないでしょうか。

これは、RとLの違いにあたる音が日本語には無いことが原因です。RとLの音の違いが日本語にはないので、2つ発音を聞いた時、日本語の中で似ている音に分類してしまいます。上の例だと本当は「rά」と「lά」なのに、どちらも「ラ」と認識してしまいます。

では、2つの発音を聞き分けるにはどうすれば良いでしょうか?それは簡単で、2つの音の違いについて学べば良いのです。音の違いがわかれば、その点を意識してリスニングすれば良くなるので、聞き分けることができるようになります。

そして、その音の違い理解するために必要なのが、下記にあげる3つのステップです。この3つのステップに取り組めば、「L」と「R」を聞き分けるのは、そこまで難しいことではありません。私自身も、この3つのステップをこなし、今ではLとRの聞き分け(単語の頭)その1【問1】にあるような聞き分け問題を全て正解することができます。

これを読み実践すれば「L」と「R」の聞き分けができるようになります。ぜひ参考にしてみてください。

続きを読む