シャドーイングなどの音読系トレーニングの概要と効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

シャドーイングも音読も、自分自身で声を出すトレーニングの一種であり、語学習得に非常に効果的であると言われています。結論から言うと、非常に効果が高いのでぜひ取り入れて欲しいと私は思っています。

今回は、シャドーイングや音読をはじめとした声を出す「音読系」のトレーニングについて、概要とその効果をまとめてみました。ぜひ概要を学び、学習メソッドの1つとして取り入れていただければと思います。

プロソディ・シャドーイングとは?




プロソディ・シャドーイングとは、聞き取った英語音声のあとを、ほんの少しだけ遅れて自分も発声するトレーニング方法のことです。英語の音声を聞いたらすぐさまに自分の口から発声する、というトレーニング方法です。通常、シャドーイング、と言えばこのプロソディ・シャドーイングのことを意味します。

上記の高杉尚孝氏の動画は、非常にわかりやすい。

聞いたらすぐにそのまんま発声するので、文字で表現すると下記のようなイメージになります。

教材の音声:I like to play soccer.

 自分の発声:I like to play soccer.

このプロソディ・シャドーイングを行う際は、意味の理解までしようとする必要はありません。単純に、聞いたまま真似してすぐに発声すればよいです。

プロソディ・シャドーイングの2つの効果

英語の音のデータベースができ、リスニング力が向上する

1つ目の効果は、簡単に言うと、英語の音を、英語の音として取り込むことができるようになることです。英語式の発音が聞き取れるようになり、リスニング能力の向上につながります。

例えば、「It takes about an hour」という文章。

“この文章を声を出して読んでください”と言うと、日本語発音になれた何も学んでいない丸腰の日本人であれば「イット テイクス アバウト アン アワー」と発音してしまうでしょう。

しかしながら、実際には上記のようには発音されておらず、あえて無理やり日本語で表記すると「イッテイクス アバウラアンナワー」のように英語では発音されています。

It takes about an hour.

プロソディ・シャドーイングでは、聞こえたまますぐに発声するので、

1. It takes about an hour.を聞き取る。

2. えーと、it takes about an hourだから、つまりイット テイクス アバウト アン アワーだ!

3. イット テイクス アバウト アン アワーと発音

という上記プロセスを行う時間がありません。自分の思い込んでいる日本式発音へすり替える時間がないので、聞いたまま真似して発声することになります。これが英語の音声知識データベースを作ることに役立ちます。リスニング力の向上につながります。小難しく言ってみると「音声知覚の自動化」が進むことを意味します。これがプロソディ・シャドーイングのメインの効果です。

学習項目を記憶へ深く定着させる

プロソディ・シャドーイングの2つ目の効果は、使っている音声に出てくる語彙・文法事項などを、自分の中に深く定着させることができることです(ただし内容はすでに理解している状態である必要がある)。脳に深く刷り込み、長期的に記憶することができるようになります。

例えば、私たちは「メモすること無しにちょっとしたことを覚えたりする時」に、心の中で何回も繰り返しとなえてみたりします。この自分の中で繰り返し唱えることを「内語反復」といいますが、これを繰り返すことでその内容を長期記憶に移行することが可能です。

シャドーイングは、この「心の中でとなえる」という作業を、声に出して行うのと同じことです。「声を出す」という、心の中で唱えるだけよりもはっきりとした形で反復することになるので、記憶をより一層深めることができます。これが、プロソディ・シャドーイングのサブの効果です。前述しましたが、すでに理解している内容の教材を使用しないと、この効果は薄いと考えられます。

音読とは?




いうまでもないと思いますが、音読とは文字や文章を声に出して読むことです。英語の習得にも効果があると言われています。

音読の効果

シャドーイングと同様に「声を出す」という、心の中で唱えるよりもはっきりとした形で反復することになるので、記憶をより一層深めることができます。テキストの意味理解をしつつ音読を行うことで、テキスト内の語彙や文法項目などを長期的に深く記憶するのに役立ちます。

音読の注意点

音読する前には、テキストの内容理解が完了している必要があります。また、変な発音を繰り返し練習することで変な発音が定着してしまうのを避けるため、まず十分にテキスト音声を聞いてから行う必要があります。

その他の音読系トレーニング




上記の(プロソディ)シャドーイングと音読以外にも、音読系のトレーニングは色々あります。全部あげても大変なので、使えそうなものをまとめます。

マンブリング

マンブリング(mumbling)は、口の中で、もごもご小声で行うシャドーイングのことです。いきなりシャドーイングすることが難易度的に難しい教材を利用する場合、その前段階として用いられる方法です。

個人的には前段階として以外にも、大きな声を出すと恥ずかしい電車内とか駅構内とかで使っていたりします。

パラレルリーディング

パラレルリーディングは、音声を聞きながら音読をする学習法です。シャドーイングとは異なり、音声と同時に自分も発声します。文字で表現すると下記のようなイメージになります。

教材の音声:I like to play soccer.

自分の発声:I like to play soccer.

私はこのパラレルリーディングを、音読の効果(つまり「学習項目を記憶へ深く定着させる効果」)を高めるために用いることが多いです。

たとえば、語彙習得時には、DUO 3.0などの例文型単語集を丸暗記する作業を行うことがよくあります。この手のトレーニングを行う際はどうしても未知の単語が多くなるため、テキスト自体の難易度が自分のレベルを大きく上回っていることが多いです。難易度が高い教材で、プロソディ・シャドーイングを行うのは難しいので、そういう場合、私はパラレルリーディングを使うようにしています。事実、このパラレルリーディングはシャドーイングの実行が困難な学習者に対して用いられることが多い方法であるので、この私の使用法はある程度正しいと思います。

なお、このパラレルリーディングは、人により呼び方が様々です。「シンクロシャドーイング」「テキストシャドーイング」「オーバーラッピング」と呼ばれるものは、このパラレルリーディングと同じ内容だと思ってよいです。

コンテンツシャドーイング

このコンテンツシャドーイングは、その名前の通り内容(コンテンツ)を理解しながら行うシャドーイングのことです。プロソディ・シャドーイングでは「聞いてすぐそのまま発声するだけ」だったので、文章の内容を理解しているかどうかは気にしていませんでした。しかし、このコンテンツシャドーイングはそれに加えて文章の内容を理解する必要があります。もちろん難しいので、通常のシャドーイングが十分できるようになってから総仕上げ的に行います。

負荷が高く難しいので、初心者はやる必要がありません。ただし、そもそもリスニングというのは理解できてなんぼ、というところもあるので、余裕があればやってみるのも良いでしょう。

リピーティング

リピーティングは、一定量の分量の音声を聞き、その後十分な時間(ポーズ,小休止)をとった後、聞き取った音声をリピートするトレーニングのことです。ざっくりいうなら、とても間の空いたシャドーイングのことです。文字にすると、下記のイメージ。

教材の音声:I like to play soccer.

             自分の発声:I like to play soccer.

リピーティングの効果



シャドーイングと違い、音声を聞いた後に一定の時間を取ることにより、その間に文の構造や、意味を理解しようとします(統語・意味処理)。これにより、文法や語彙などの知識を身につける(=長期記憶に入れる)のに役立つと考えられます。

音読系トレーニングを取り入れる前にやっておくと良いこと

発音を学ぶ

シャドーイングや音読を行う際は、音声をできるだけ真似して発音することになります。しかしながら、真似するだけで似たような発音を行うことは、日本人にとってなかなか難しいのが実情です。

英語の音には、「LとR」や「th」など、日本語にはない音が含まれているので、まず事前にそれらにどういう違いがあるのかを学ぶことが重要です。違いを学んだ後に真似することで、やっとそれなりの発声ができるようになります。

逆に、学ぶ前に適当になんとなく真似するというようなことをすると、よほど適性の高い人でない限り残念な結果になることが予想されます。ちなみに私は適性が高くないと思ったので、どの言語でも声を出す系のトレーニングを行う前には発音を学ぶことにしています。

音の脱落規則(リエゾン)を学ぶ

シャドーイングを行うことで、英語の音のデータベースができ、リスニング力が向上します。上にあげた例でいうと、シャドーイングをおこなうことで「It takes about an hour」の音は、「イット テイクス アバウト アン アワー」ではなく「イッテイクス アバウラアンナワー」だとわかるようになります。こういう経験をたくさん積むことで、英語の音が理解できるようになってきます。

でもこれよく考えると、いっぱい聞いて自分自身で音の変化の法則を導きだせと言っているのと同じではないでしょうか。時間をかければいいのでしょうが、時間がもったいないと思います。実は音変化にはある程度法則があるので、それを学ぶとかなりショートカットできたりします。

例えば「It takes about an hour」を法則を用いて考えてみましょう。まず、It takesの部分。これは、子音のtが重なっているので、同じ音は繰り返されません。よって、tの音が一つ脱落し、「イッテイクス」のように発音されます。

about an hourの部分。tは母音に挟まれると変形してラ行に聞こえます。nで終わる単語の次に母音がくると音が連結します。よって「アバウラアンナワー」のように聞こえます。

It takes about an hour.

知識だけでもここまで持ってくることができます。こういった規則はそんなに多くないですが、自分で法則を導き出すまでインプットしまくるのは大変だと思います。先に法則を学び、音変化に規則があることを理解しておけば、かなりリスニングの手助けになります。学習のショートカットになると思います。ついでに、自分で発音する際の手助けにもなります。先に学んでおくと良いと思います。

まとめ




シャドーイングなどの音読系トレーニングは効果が高く、個人的にもよく取り入れる学習法なので、ついつい記事が長くなってしまいました。さいごに簡潔に内容をまとめておきます。

プロソディ・シャドーイング

聞いてすぐ発声するシャドーイング。聞いたまますぐ発声することで、英語の音のデータベースができ、リスニング力が向上する。

声を出す、というよりはっきりとした形でテキストを反復することになるため、学習項目を記憶へ深く定着させるのに役立つ(ただしテキストの内容は理解している必要あり)。

音読

シャドーイングと一部は同じ。声を出す、というよりはっきりとした形でテキストを反復することになるため、学習項目を記憶へ深く定着させるのに役立つ(ただしテキストの内容は理解している必要あり)。

マンブリング

口の中で、口の中で、もごもご小声で行うシャドーイング。シャドーイングが難しい場合の事前段階に使用。

パラレルリーディング

音声を聞きながらの音読。音声と自分の発声は同じタイミング。私は「学習項目を記憶へ深く定着させる効果」を高めるために用いることが多い。

コンテンツシャドーイング

内容(コンテンツ)を理解しながら行うシャドーイングのこと。意味を考える必要がなかったプロソディ・シャドーイングと違い、内容を理解する必要があるため難しく負荷が高い。通常のシャドーイングが十分できるようになってから総仕上げに。

リピーティング

一定量の分量の音声を聞き、その後十分な時間(ポーズ,小休止)をとった後、聞き取った音声をリピートするトレーニング。音声を聞いた後に一定の時間を取ることにより、文の構造や意味を理解しようとする(統語・意味処理)。これにより、文法や語彙などの知識を身につける(=長期記憶に入れる)のに役立つと考えられる。

音読系トレーニング前にやっておくと良いこと

発音を学ぶ

変な癖をつけないため。正しい音を出すための補助知識。

音の脱落規則(リエゾン)を学ぶ

音変化の規則を事前に学ぶことで、音のデータベース作成時間をショートカットできる。効率化。

おすすめ発音習得教材




記事内で、音読系のトレーニングをやるならまず先に発音を勉強しておくと良いと書きました。教材は、基本的には自分で良さそうと思ったものを使えば良いとは思いますが、発音勉強しようぜ!と書いた癖におすすめのものを紹介しないのは良くないのかとも思うので、私のおすすめを書いてみたいと思います。第二言語としては英語を学ぶ人が一番多いと思うので、とりあえず英語の教材を書くことにします。

UDA式30音トレーニングDVD

発音は映像があるとわかりやすいです。このUDA式30音のDVDでは、実用で英語を使う場合に必要な30音をわかりやすい解説つきの動画で学ぶことができます。これを見ながら発音を練習します。若干お値段が張るのは否めないのですが、基礎をばっちり抑えるのにはとても良いです。私も使用したおすすめ教材です。発音の基礎はこれだけで十分

UDA式30音トレーニング
公式サイトへ

英語喉

基本、上にあるUDA式だけで十分で、上記をこなすだけで通じる発音にはなっていると思います。そんな中、もう少しネイティブに似せていきたいとか、ちょっと調子に乗ったことを考え出した時におすすめなのが、この英語喉。

ちなみに、この英語喉は全部で7ステップありますが、やるのは「のど」と「こきゅう」の2セクションだけで良いと思います。ここが英語喉のコアだと思っており、この2セクションをこなすことでネイティブのような喉の響かせ方がわかるようになります。

発音の妥協点

ちなみに、第二言語習得の観点から言うと臨界期を超えた大人がネイティブのような発音を習得するのはほぼ不可能と言われています。なので、通じる発音レベルまできたらさっさと諦め、発音に固執しすぎないことも重要です。

音の脱落規則(リエゾン)を学ぶおすすめ教材

音変化の規則が、典型的な8つに整理されており、この本だけで英語でよく起こる音変化について十分学べます。もちろん音声CD付き。
ひととおりこなした後は、英語という言語では常に音変化が発生していることが、英語音声を聞くたびにわかることでしょう。この知識は、英語の音声知識データベースを作る強い手助けになります。

参考文献

専門的な内容で書かれているため、論文みたいだし、専門用語がバンバンでてくるし、非常に理解が難しいです。内容的には面白いのですが、一般的に英語学習をするような人が読んでいて楽しいか?理解できるのか?という点は疑問視される感じの書籍です。もしあなたが「音韻ループ」「ワーキングメモリ」「メンタルレキシコン」「音声知覚」「自動化」「中間言語」「内語反復」「外語反復」とかの語句を見て、楽しそうとか面白そうとか思えるのであれば、一読の価値はあるのではと思います。

実は本エントリーは、この書籍を自分なりにわかりやすく噛み砕き、そこに自分自身の学習経験をプラスアルファーしてできあがったものだったりします(まだ分かりにくかも。そんな時はコメント欄やTwitter経由でお気軽にご連絡を!)。より深くシャドーイングと音読について知るなら一読の価値があるので、もっと詳しく音読やシャドーイングを知りたい方は読んでみると良いでしょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

▼同じカテゴリ内の記事

関連する記事は見当たりません…



SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*