英語リスニング上達の為に発音を勉強するべき理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

英語力の中でも重要なスキルの一つに「リスニング力」があります。英会話をする際にも、相手の言葉が聞き取れなければ意思疎通は難しいですよね。

私もネイティブの話が早すぎて、聞き取れてるふりして、すっとぼけていた事が多々あります。まあ、時にはそんなすっとぼける事ができるのが大事だったりするのですが、聞き取れる方が良いに決まってますよね。では、そんな大事なリスニング能力。伸ばすには、いったい何が必要なのでしょうか。

その鍵となる要素の1つに「発音の習得」があります。端的にいうと、発音を身につけるとリスニングが簡単になります。聞き取りやすくなります。



そこで今回は「なぜリスニング力や英語力の向上にリスニング上達のために重要なのか」「なぜ発音を身につけるとリスニング力が向上するのか」を説明してみたいと思います。

発音を学ぶと、日本語化するのを防ぐことができる

発音の知識がない時にリスニング学習をすると、日本語の音に寄せて英語を理解しようとしてしまいます。例えば、英語でいう「up」と「apple」の「ア」の発音は英語では異なる発音になります。しかしながら、日本語は母音は5つしかないので、似たような音は自分の知っている範囲で認識してしまうので、どちらも同じ「ア」に聞こえてしまいます。

上記の場合は単語1語なので、なんとかなる気がするかもしれませんが、文章となるともうついていけません。英語を英語の音として認識せずに聞き取るというのはかなり大変です。リスニング力が伸びない原因になってしまいます。

私自身も、何も発音を学んでいない時はこの現象が起きていた気がします。しかし、一回体系的に学ぶことで、英語は子音で終わるんだなーというような事が分かっている状態になるので、英語を英語の音として聞き取れるようになってきます。

まずはじめに体系的に発音を学習することで、この日本語化をさけることができます。

発音できる音は聞き取れる

発音を習得し自分で出し分けることができるレベルになると、一気に英語の聞き取りが簡単になります。それはそうですよね。英語として通じるための発音のポイントを意識して発音しわけているわけですので、聞き取れて当然です。これは、私自身の経験にも一致します。

これは裏をかえすと、自分で発音できない音の聞き取りは難しいことを意味します。ですので、積極的に発音を学び自分が発音できるレベルになることは重要なのです。

また、「発音できるレベル」とはいっても、ネイティブレベルになる必要があるわけではないです。むしろ、大人が第二言語として英語を学んだ場合ネイティブレベルの発音になるのは、ほぼ不可能であることが色々な研究論文から読み取れますので、そこを目指して固執するのは不毛とも言えます。発音知識の習得にはそんな時間はかかりません。発音ルールのみの習得であれば、1日1時間の学習で1〜2週間程度まとめてやればそれでOKです。

自分で正しい発音ができるようになると、それに伴いリスニング力も飛躍的に向上します。

さいごに

上記のように、リスニング力の向上や英語取得のためには発音を学ぶことは重要です。しっかり学びましょう。

また、発音はダラダラと長期間学習する必要は特になく、2週間くらいまとめていったん集中的に学べばそれでOKだと思います。音の違いや発音の方法を一回学ぶと、以後リスニングするときや音読をするときにその点を意識できます。音読するときはいつも発音練習を兼ねることになります。早めに勉強した方がお得です。変な日本語発音の癖がつかないうちに、早めに身につけましょう。

教材としては、書店などにいって自分に合いそうなものや人気のある本(*必ず音声CD付き)を使用すれば良いでしょうが、もし「何かおすすめありますか?」と聞かれたら私はUDA式30音トレーニングDVD をおすすめしています。

理由は、自分も使って、抜群にわかりやすかったからです。発音に重要な30個の音を映像付きで分かりやすく学べます。これだけやっとけば、ひとまず発音の基本的な部分はOKです。ネイティブにも十分通じる発音になれます。



UDA式のサイト内には、発音の参考になる情報もいろいろあるので、別に普通の書籍でいいやって考えている人も、一回覗いておくと新たな知識を学べて良いと思います。例えば、match と much (母音を区別する方法)  の記事。matchとmuchは違う発音にしないといけないのですが、知らないとどちらも「マッチ」って発音してしまいますよね。基本ですが、わかりやすく学べる記事だと思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*