英語のLとRの発音の聞き分けが3ステップできるようになる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

英語の音の聞き取りの中で、難しいものの1つに「L」と「R」の発音があります。例えば、「Right」も、「Light」も日本人にとってはどちらも「ライト」です。2つの音の聞き分けに自信がない方も多いのではないでしょうか。

これは、RとLの違いにあたる音が日本語には無いことが原因です。RとLの音の違いが日本語にはないので、2つ発音を聞いた時、日本語の中で似ている音に分類してしまいます。上の例だと本当は「rά」と「lά」なのに、どちらも「ラ」と認識してしまいます。

では、2つの発音を聞き分けるにはどうすれば良いでしょうか?それは簡単で、2つの音の違いについて学べば良いのです。音の違いがわかれば、その点を意識してリスニングすれば良くなるので、聞き分けることができるようになります。

そして、その音の違い理解するために必要なのが、下記にあげる3つのステップです。この3つのステップに取り組めば、「L」と「R」を聞き分けるのは、そこまで難しいことではありません。私自身も、この3つのステップをこなし、今ではLとRの聞き分け(単語の頭)その1【問1】にあるような聞き分け問題を全て正解することができます。

これを読み実践すれば「L」と「R」の聞き分けができるようになります。ぜひ参考にしてみてください。

ステップ1 耳で音の違いを理解する



まず初めに大切なのは、「R」と「L」の発音の違いを、耳できちんと理解することです。「Right」も「Light」も日本語では「ライト」となりますが、英語では異なる発音であるということをしっかりと理解する必要があります。

Lは日本語のラ行に近い音、Rは小さな「ゥ」が前についたような音

まず下記音声をじっくりと聞き比べてみてください。

Light(照明):

Right(右):

聞き比べてみるとわかると思いますが、Lは日本語に比較的近い音に聞こえ、Rは前にちいさな「ぅ」がついたような音に聞こえます。無理やりカタカナにすると、「Light = ライト」「Right = ゥライト」のように聞こえます。文頭に注意して、しっかり聞き分けてみてください。2つが違う音であることが理解できるはずです。

上記ができたら、次は単語の頭ではなく、単語の途中にRやLが含まれている単語を聞き分けてみましょう。

Glass(ガラス、グラス):

Grass(草、牧草):

文頭ではなく、文中に含まれていますが、聞き取れましたでしょうか?イメージとしては、文頭の時と同じイメージです。何回も聞き比べてみて、音の違いを理解しましょう。問題数が足りないという方は、LとRの発音の聞き分けに聞き分け問題をたくさん用意しているので、活用してください。

ステップ2 発音方法(口の使い方)の違いを知る

ステップ1で、音の違いを理解することはできたかと思います。完璧に聞き分けることが難しかった方も、なんとなく「2つに違いがある」ということは聞き比べることで理解ができたのではないでしょうか?

ステップ2では、さらに音に対する感性を高めるためにLとRを発音するときの「口の使い方の違い」について学びます。これを学ぶことで「なぜLとRの音に違いが生まれるのか?」がわかり、より深くRとLの発音のことを知ることができます。これが、聞き取りにも役立ちます。

動画で口の使い方を学ぶ

口の使い方を学ぶには、動画があると学びやすいです。下記はわかりやすいのでオススメです。

大きな違いは、

L:上の歯茎に舌をつける。

R:上の歯茎に舌をつけない。


という点です。

口の動きが違うことで、「Light = ライト」「Right = ゥライト」のような音の違いが生まれるのです。これを理解しておくと、聞き分けもしやすくなります。

ステップ3 自分で音の出し分けができるように練習する


「自分が発音できる音は、聞き分けることができる」

上記のようなフレーズを、英語学習していると目にすることがあります。これは、私の実感値としても間違っていません。LとRを発音しわけるためには、2つの音の違いを認識できており、なおかつ口の使い方もマスターしているわけですから、当然とも言えます。

頭で理解するだけではなく、自分自身で繰り返し練習することにより、深く音の違いを認識することができます。これにより、リスニングする際の聞き分けがより容易になります。

まとめ

ステップ1 耳で音の違いを理解する

日本語にはない「L」と「R」の音の違いを耳で認識する。「Light = ライト」「Right = ゥライト」のように聞こえるので、意識しながら違いを聞いてみる。

ステップ2 発音方法(口の使い方)の違いを知る

動画で口の使い方の違いを勉強する。「なぜLとRの音に違いが生まれるのか?」を理解する。

ステップ3 自分で音の出し分けができるように練習する

「自分が発音できる音は、聞き分けることができる」ので、自分で発音仕分けることができるまで練習を重ねる。

上記のトレーニングを積む事で、LとRの聞き取りが徐々にできるようになってきます。ぜひ練習してみてください。また、発音についてもっと深く勉強したい方はUDA式30音トレーニングDVD
利用するのもおすすめです。筆者の私(@yokochan_y2)自身も利用した事のあるDVDで、私はこれで発音を学びました。リスニング(および発音)を鍛えるのに、とても有効だと思います。ぜひ参考にしてみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*